交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

TOP > 交通事故慰謝料

早くしたい交通事故の慰謝料相談

今は交通事故に遭って他の事を考える余裕なんてないので、状況が安定してから慰謝料相談をしようという人もいるかもしれませんね。しかし、交通事故の慰謝料相談をする予定があるのであれば、できるだけ早い方が好ましいようです。

早く相談すると、早く動いてくれますので、解決しやすくなる事が考えられます。話が複雑化してしまうまでに、相談すると極力自分で対応する場面を減らす事ができるでしょう。

相談すべきか、自分で解決すべきかという事で頭を悩ませる事もあるかもしれません。また、たとえ厄介な問題であっても、早期であればより問題が扱いやすいという事も考えられます。

アクションを起こすなら早めを目指しましましょう。

後遺障害で変わる交通事故慰謝料

自動車やバイクを利用する方が増えているので、どうしても避けられない問題として交通事故があります。加害者被害者どちらにもなりたくないものですが、遭ってしまった場合の対処は覚えておいた方が良いです。特に対応を左右するのは交通事故慰謝料に関することで、これは被害者が負った後遺障害の深刻度によって大きく金額が左右されます。

保険の適用などで金額は増減しますが、なかなか個人ですべて解決するのはできないので、必ず弁護士に依頼した方が被害者には良いです。自賠責保険基準と弁護士基準では最低金額でも約3倍は変わります。

交通事故慰謝料関連

交通事故の後遺障害では交通事故慰謝料を請求できる

思わぬ交通事故でケガを負ってしまったり、後遺障が残ってしまうこともあります。仕事ができず収入が激減したりすると、生活ができなくなってしまいますが、そんな場合には交通事故慰謝料を請求することができます。後遺障害であると認定を受けることが必須の条件となりますが、弁護士に相談することで請求が可能になります。

最近よく聞く自賠責保険もありますが、その基準と異なっており、同じ後遺障害の等級でも、弁護士基準と呼ばれるもので決定する金額は、最も高額になってきます。また、弁護士にお願いすることで、交通事故慰謝料を請求するまでの認定や事故のトラブルなどもクリアにできる可能性が高くなります。

交通事故慰謝料が弁護士によって大幅に増額する?

交通事故慰謝料に置いて、何種類かの慰謝料に対する基準が設けられているのですが、その基準が自賠責の保険を基準にするか、弁護士の基準にするかによって大幅に慰謝料の金額が変わってきます。通常であれば、加害者側の保険会社と言うのは安い基準を提示してくると言われています。

しかしながら、交通事故の慰謝料についてのノウハウがわかっている弁護士に相談をすると、弁護士の基準で慰謝料を請求することができるため慰謝料が増額すると言う事例が多いのです。もしあなたが交通事故にあった際に慰謝料を少しでも多くもらいたいと言うのであれば弁護士に相談をしておくと良いでしょう。

メニュー

TOP    交通事故慰謝料    交通事故慰謝料と弁護士基準    交通事故弁護士    交通事故と出張サービスのある弁護士    交通事故相談    弁護士    弁護士大阪

交通事故慰謝料で被害者が無過失と認定された場合

交通事故になった場合、車両が関係していれば双方の加入している保険会社が話し合って交通事故慰謝料を決めるため、保険のやり取りについて当人が何かするということがありません。

しかし被害者が無過失となる事例では、例え保険に加入していたとしても保険会社は何もしてくれず、相手に対する慰謝料の請求は被害者本人がすることになります。これは建前として保険会社は過失相殺として被害者と加害者の両方に責任があれば本人に代わって慰謝料の算定をすることになっているので、被害者が無過失なら無関係だとして何もしてくれないのです。この仕組みを知らない人は多く、このようなケースで困る人は少なくありません。

交通事故慰謝料は正しいむちうち後遺障害認定で

一般に後遺障害としてむちうちが認定をうける事は難しいとされています。これはレントゲンなどで簡単に判断できるものではないからです。それでも症状が改善できていないのであれば、臆せず交通事故弁護士へ相談することをおすすめします。

むちうちといった医療知識にも詳しい専門弁護士であるため、適正な判断ができる診療科目や医療機関を紹介してくれる事例もあります。また、適正な交通事故慰謝料を得るためにも、認定をうけた等級に疑問がある場合も一度相談してみると良いでしょう。後遺障害によって仕事が続けられなければ、今の生活を続けることが困難になってしまいます。

法的見地から見直す後遺障害と交通事故慰謝料

交通事故弁護士は、被害者が抱えている今後の不安や、疑問に対して法的な観点から適切なアドバイスをおこなっています。一番の心配は症状が完治せず後遺障害があるケースです。慰謝料金額は後遺障害の等級によって大きく変わるものですが、認定された等級に不満がある場合は、交通事故弁護士へ相談することをおすすめします。

事故の怪我に関する医療知識が豊富な専門家ですから見直しが可能です。それによって支払われる交通事故慰謝料に違いがでます。また弁護士を立てることで、自賠責保険の基準から弁護士基準で算出し請求できるため、大幅な増額が期待できます。

事故後の対応が交通事故慰謝料を左右する

事故を起こさないのが一番ですが、どれだけ気を付けていても交通事故は起きてしまうものです。事故後、速やかに適切な行動が取れるかどうかで、事後処理の負担も大きく変わってきます。まず、警察や保険会社への連絡を取ります。

怪我人が出ているなら救急車も併せて呼びましょう。また、交通事故慰謝料交渉の際に客観的な証拠があると話が進めやすいので、事故現場の写真は忘れずに撮っておきましょう。そして、被害者だけでなく加害者も必ず病院に行きましょう。交通事故での怪我は、数日後に症状が現われる場合もあります。そのため、すぐに病院にかからず、期間が開いてから通院したため、事故が原因と認められなかった事例もあります。

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
津田沼駅から2駅で千葉駅
船橋駅から3駅で千葉駅
市川駅から4駅で千葉駅
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分