交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

TOP > 弁護士 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料と弁護士基準

目次

  1. 交通事故慰謝料と弁護士基準
  2. 交通事故で起きた休業損害や後遺症障害も交通事故慰謝料
  3. 交通事故慰謝料の種類について
  4. 劇的に交通事故慰謝料を減らすには
  5. 交通事故慰謝料にはどんなものが含まれるのか
  6. 探したい交通事故慰謝料による事例
  7. 数が非常に多い交通事故慰謝料増額の事例
  8. 交通事故慰謝料に関連した事例の多い法律事務所
  9. 活用したい無料の交通事故の相談
  10. 事件を弁護士に依頼するタイミングは?
  11. 交通事故は弁護士にご相談下さい

交通事故慰謝料と弁護士基準

交通事故に遭ってしまった時、多くの方が保険会社に任せれば大丈夫と思っているかもしれませんが、保険会社は、加害者が加入している会社であり、交通事故被害者の味方ではありません。

そして相場水準よりも、はるかに低い示談金額を提示してくるのです。ですが、弁護士に依頼することにより弁護士基準で交通事故慰謝料を請求できるようになります。弁護士基準は、過去の裁判の事例を参考にして、交通事故処理の専門機関が公表しているもので、保険会社や加害者と弁護士側が戦う為に用いる基準です。弁護士に依頼するだけで大幅な交通事故慰謝料の増額が可能になるのです。

大阪で弁護士事務所を探すなら「弁護士 大阪」でググろう。

交通事故で起きた休業損害や後遺症障害も交通事故慰謝料

交通事故慰謝料は、治療費や入通院費、休業損害を計算したうえで、怪我のショックなど精神的な苦痛に対する慰謝料もプラスした総額で考える必要があります。事例としては、事故に合ってしまい、後遺症が残ってしまった場合は相手に後遺症障害慰謝料や、亡くなってしまったら死亡慰謝料といったものも、足して慰謝料として指すことになります。

また、専業主婦でも交通事故慰謝料に休業損害を請求することができます。ただし、休業期間を証明するには診断書や治療費の領収書は必ず残すのが基本になります。そして、自賠責基準、弁護士基準、任意保険基準の3種類の基準によって値段が決定します。

交通事故慰謝料関連

交通事故慰謝料の種類について

交通事故慰謝料の種類は大きく分けて入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料の3種類に分かれます。それぞれの具体的事例は以下の通りです。まず入通院慰謝料は交通事故により入院・通院しなければならなくなった時に支払われる慰謝料です。次に後遺障害慰謝料は、交通事故によって負ってしまった怪我に後遺症が残り、後遺障害等級が認定されたものに対して支払われる慰謝料です。

最後に、死亡慰謝料は交通事故によって亡くなってしまった本人とその遺族に対して支払われる慰謝料です。また、後遺障害慰謝料は算定基準が明確ですが、入通院慰謝料と死亡慰謝料は自賠責保険による慰謝料の算定と弁護士基準の慰謝料算定の方法があります。

メニュー

TOP    交通事故慰謝料    交通事故慰謝料と弁護士基準    交通事故弁護士    交通事故と出張サービスのある弁護士    交通事故相談    弁護士    弁護士大阪

劇的に交通事故慰謝料を減らすには

大きな交通事故に発展してしまい、高額な交通事故慰謝料を支払うことになったとしても、弁護士基準によって金額を大幅に減らせる可能性があります。事故の過失割合だけではわからない部分を確認して、最終的に弁護士がこれくらいの慰謝料で問題はないだろうと判断して、相手側に提示を行っているのです。

提示された内容を確認して、交通事故を受けてしまった側は最終的に交通事故慰謝料を判断します。金額が足りないと思っても、交通事故弁護士の方が提案している内容と考えれば、これ以上の交渉を行っても厳しいと判断し、意外と交渉がまとまります。

交通事故慰謝料にはどんなものが含まれるのか

一口に交通事故慰謝料と言っても、それに含まれる内容は複数あります。まずは損害部分に2つあり、入通院と治療の費用などと仕事を休んだ期間の費用になります。正しい計算のためには、費用を証明するための領収書などをしっかりと保存しておく必要がります。

次に慰謝料ですが、ここで言う慰謝料は、被害に遭って受けてしまった苦痛に対しての費用のことです。

そして、物的な損害に対する費用で、車の事故の場合は修理費や買い替えに必要だった金額などを含みます。

これらをすべて合わせて交通事故慰謝料と呼び、強制加入している自賠責基準と、人それぞれ任意で加入している任意保険基準、法的な弁護士基準の3種類の算定基準を設けています。

探したい交通事故慰謝料による事例

問題が解決できるまでの間は、不安に感じる人も多いでしょう。その間は、連絡を待っているだけでなく、交通事故慰謝料による事例を探して調べる事もできます。

交通事故慰謝料による事例は一つのwebサイトで何百と紹介されている事もあります。それらすべての交通事故慰謝料による事例に目を通すのは大変です。

交通事故慰謝料による事例の中でも、検索が利用できる場合もあり、中から自分に近いケースを探し出せる事もあります。交通事故慰謝料による事例を調べると、知識を増やす事ができます。

問題を抱えている人は、少しでも知っている事が多い方がいいでしょう。弁護士と話をする際に活かせる事もあるでしょう。

数が非常に多い交通事故慰謝料増額の事例

少し探してみると、交通事故慰謝料増額の事例を紹介している法律家はたくさんいます。紹介されている交通事故慰謝料増額の事例については、あまりにも数が多いので、すべてを読む事は難しい場合もあります。

交通事故慰謝料増額の事例の中でも、後遺障害やむちうちなどによって、条件を絞り込める場合もあり、自分に関連する交通事故慰謝料増額の事例を探し出して読む事もできるでしょう。

大手の法律事務所となれば、在籍している弁護士の数も多い傾向にありますので、その分交通事故慰謝料増額の事例も増加する傾向にあります。

そのため、きっと自分と似ているケースについて見るける事ができるのではないでしょうか。

交通事故慰謝料に関連した事例の多い法律事務所

法律相談を受けたいという場合に、どの法律事務所に相談すればいいのか分からないという事もあるでしょう。交通事故慰謝料の事例の多い法律事務所に注目するのもいいでしょう。

交通事故慰謝料の事例の多い法律事務所は、経験が豊富なため、知識や交渉力に優れている事が予想されます。

交通事故慰謝料に関連した事例の多い法律事務所からいくつかの候補を絞り込むのもいいでしょう。

交通事故慰謝料に関連した事例の多い法律事務所というばかりでなく、事務所が訪れやすい場所にあるかどうか確認する人もいます。

交通事故慰謝料に関連した事例の多い法律事務所から、無事ベストな法律家を探せるといいでしょう。

活用したい無料の交通事故の相談

今後、本格的に依頼して問題を解決していきたいという場合であっても、無料の交通事故の相談の活用をおすすめします。

無料の交通事故の相談を利用すると、初めて利用する法律家であっても、話をする事ができますので、お互いにどの様な人であるのかという事を把握できます。

無料の交通事故の相談を利用すると、問題を解決する上で不明な事を確認できます。無料の交通事故の相談を実施している法律事務所は多く、他にも無料の交通事故の相談だけではなく、初回のみ相談料はかからないとしている所もあります。

そして、最初に支払わないといけない着手金は免除しているという法律家が多い様です。詳細を確認しましょう。

事件を弁護士に依頼するタイミングは?

事件を弁護士に依頼するタイミングについて吉田泰郎弁護士が解説。〒760-0023 香川県高松市寿町2丁目2−10 高松寿町プライムビル 8階

公開日:2011/04/06

交通事故は弁護士にご相談下さい

弁護士法人鷹匠法律事務所は設立以来、地元静岡を中心に幅広く法律問題に取り組んで参りました。法律問題でお困りの皆様に少しでも解決のヒントを提供できれば幸いです。また、具体的な法律問題に関するご相談等ございましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目5−1

公開日:2018/02/06

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分